楽天証券【評価・手数料・キャンペーン】

業界最安水準の取引手数料! 新規口座開設キャンペーンも豊富

楽天証券

楽天証券がおすすめな3つの理由

  • 取引手数料が安くコースも豊富!デイトレーダーから初心者まで対応!
  • キャンペーンがお得で始めやすい!初心者でも取引ツールが使いやすい
  • 楽天銀行や楽天市場とも連携! 株取引で楽天ポイントも貯まる!
  1. 手数料
  2. 取扱商品
  3. 特徴
  4. 申込方法

新規口座開設+各種お取り引き+エントリーで、今なら最大70,000円相当プレゼント!さらに株デビューのお客様の国内株式(現物)取引手数料が3回まで実質無料!(キャッシュバック)

楽天証券の特徴まとめ

証券会社は各社特徴があります。
今回は、楽天証券の特徴は何かを確認してみたいと思います。

楽天証券の評判は? おすすめの人とは?

楽天の証券会社! 初心者の口コミでの評判は上々

楽天証券は新進気鋭のネット証券会社。キャンペーンやインセンティブが手厚い楽天らしく、楽天証券も新規口座開設キャンペーンや取引条件クリアで最大数万円相当のポイント還元を行っています。株・FX・投資信託などの様々な金融商品を格安の手数料で購入したい方におすすめです。

キャンペーンが手厚い!新規総合口座開設手数料、口座管理料も無料!

キャンペーンが手厚い上、口座開設手数料、口座管理料も無料。そのため条件クリアの見込みがあるなら申し込んだ方がお得です。ネット証券系では使いやすいと評判のオンライン・トレーディング・ソフト『マーケットスピード』も利用できます。ただしサポートはそこまで期待できません。

楽天証券の手数料は安い?

楽天証券の売買手数料は業界最安値水準

楽天証券の株式売買手数料の安さは業界最安値水準と評判です。1回の約定代金が10万円までなら手数料はわずか139円+税! 税込50円と群を抜く安さとなっています。ただしこれは1回の取引金額ごとに計算する「ワンショットコース」の場合。実は楽天証券はユーザーの取引スタイルに合わせて国内株式手数料を3コース用意しているのです。

1回139円+税!「ワンショットコース」は初心者におすすめ!

株式投資を始めたばかりの初心者は、売買になれていないため、1日の取引回数は少なめ。そんな初心者におすすめなのが1回の取引金額ごとに手数料を計算する「ワンショットコース」です。現物取引手数料が約定代金ごとに10万円までは139円+税(税込150円)、20万円までは185円+税(税込199円)と格安です。

一番シンプルな手数料!業界最安値水準で万人におすすめできます

このワンショットコースはネット証券最安値水準で、すべての方におすすめです。しかし売買になれてくると、1回ごとの約定代金も大きくなり、取引回数も増えていきます。その時に有利になるのが、他の2つのコース、「超割コース」と「いちにち定額コース」です。続いて「超割コース」を見ていきましょう。

「超割コース」は取引や残高に応じて手数料を割引き! でも少額取引では損になる!?

楽天証券の取引金額ごとの国内株式取引手数料は業界最安値水準ですが、条件クリアでさらにお得な手数料コースが選べるようになります。これが「超割コース」です。「超割コース」の判定基準は、貸株平均残高・投資信託平均残高・信用建玉平均残高・信用新規建約定金額合計の4項目でコースのランクが決まります。

4つの判定条件で手数料ランクが決まる!

楽天証券では4つの条件の内1つでも達成すると、より高いランクに上がります。例えば貸株平均残高では、200万円未満でレギュラーランク。200万円以上1,000万円未満でゴールドランク。1,000万円以上5,000万円未満でプラチナランク。5,000万円以上でダイヤモンドランクと判定されます。このランクに応じて手数料が決定します。

1回20万円以上の取引でお得! 慣れてきたら「超割コース」

超割コースの割引きは、20万円以上の取引で発揮されます。20万円以上50万円までの取引では、約定代金がゴールドランクで306円+税(税込330円)~ダイヤモンドランクで238円+税(257円)と、ワンショットコースと比べて最大30%も安くなっています。

ダイヤモンド30%オフ! プラチナ20%オフ! ゴールド10%オフ!

ゴールドランクで10%オフ。プラチナランクで20%オフ。ダイヤモンドランクで30%オフが基本です。なおレギュラーランクだと20万円以上の取引でも割引きはゼロ。むしろ少額取引が格安に設定されているワンショットコースよりも不利になります。

1回20万円以下の取引では「ワンショットコース」の方が安い!

実は「超割コース」は少額取引では「ワンショットコース」よりも不利に手数料が設定されています。超割コースは約定代金が10万円までなら341円~238円+税(税込368円~257円)と、139円+税(税込150円)のワンショットコースより遙かに割高です。

少額取引を行う人は「超割コース」が損になります

超割コースは約定代金が20万円まででも609円~426円+税(税込657円~426円)と、185円+税(税込199円)と比べて高く設定されています。このコースが超割になるのは20万円以上の取引からなのです。さらにレギュラーランクではまったく割引きは行われません。選んではいけません。

「超割コース」ダイヤモンドランクなら信用取引手数料0円!

さらに信用取引においては、「ワンショットコース」の取引手数料は、約定代金ごとに30万円までなら250円+税(税込270円)。30万円を超えると450円+税(税込486円)です。これが「超割コース」のダイヤモンドランクであれば、約定代金に関わらず0円となります。

信用取引でも20万円までは「ワンショットコース」の方がお得!

他のランクを見ても、30万円を超える信用取引手数料は10%~20%割引きに設定されています。ゴールドとプラチナであれば1回あたりの取引手数料は405円+税(税込437円)~360円+税(税込388円)と割安。

ただしこちらもレギュラーランクだと一律450円+税(税込486円)と損になります。30万円までの少額取引ではワンショットコースの取引手数料250円+税(税込270円)の方がお得です。

「いちにち定額コース」は手数料が定額! 1日何回取り引きしても同じ!

1回の取引金額ごとに計算する「ワンショットコース」と「超割コース」の選択の基準は、1回の約定金額が20万円以上になりそうかどうかでした(信用取引なら30万円以上かどうか)。しかしもう1つのコース、「いちにち定額コース」は1日の取引金額の合計で計算するコース。売買回数が多いほどお得になる「定額手数料」がメリットなのです。

デイトレードなら「いちにち定額コース」がおすすめ!

「いちにち定額コース」は、現物取引・信用取引ともに共通の手数料設定がされています。一日の約定代金合計が50万円までなら429円+税(税込463円)。「ワンショットコース」で10万円までの取引を3回以上行うなら、「いちにち定額コース」がお得になります。つまり少額取引を何回もするデイトレーダーにおすすめのコースなのです。

わかりやすい手数料! 100万円ごとに約1,000円+税!

1日の取引金額100万円までで858円+税(税込926円)。200万円までで2,000円+税(税込2,160円)。以降、取引金額が100万円増えるごとに手数料も1,000円+税が増える計算となります。

楽天証券3つのコースの選び方!

1回の取引金額が大きいなら「超割コース」がおすすめ!

たとえば100万円の株式を現物取引で購入した場合、「いちにち定額コース」は100万円までの取引だとして858円+税を払うことになります。「超割コース」であれば1回ごとの計算なので426円+税で済みます。回数が少ないなら1回の取引金額ごとに計算する「ワンショットコース」や「超割コース」がおすすめ。さらに取引金額が大きいなら「超割コース」がおすすめです。

「ワンショットコース」は少額取引を少ない回数行う方や初心者向け

「ワンショットコース」は20万円以下の少額の取引手数料が、全コースを比較しても最安値水準です。「超割コース」でダイヤモンドランクにまで達する人はおいておいて、一般的に少額取引を少ししか行わない方であれば、「ワンショットコース」がおすすめです。これを選んでおけばまず間違いありません。

「いちにち定額コース」はデイ割!取引回数が多いデイトレーダー向け

「いちにち定額コース」は、大口の取引には向きません。少額取引をたくさん行う方、すなわちデイトレーダーの方に最もおすすめできるコースです。公式サイトでも「デイ割」と呼ばれているように、1日の取引回数が多い方におすすめなのです。

楽天証券の金融商品とサービス

注文方法は豊富で簡単!「逆指値注文」も利用可能

楽天証券は自動売買サービスとして逆指値注文があります。指定した価格より株価が高くなったら自動で「買い」、安くなったら「売り」を行うサービスで通常の指値注文の反対のサービスです。

『マーケットスピード』は使いやすく便利なトレーディングツール!

 証券会社の多くはトレーディングツールを提供しますが、楽天市場ではオンライン・トレーディングツールとして『マーケットスピード』を提供しています。利用料は一定条件(信用取引口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座、預かり資産残高30万円以上などのうち一つ)を満たすと無料となります。

口コミでの評価も高く、多くのベテラン投資家に利用されています

これを目当てに楽天証券を利用しているという人や口座を新たに開設するトレーダーもいるくらい評価が高いツールです。また、会社の重要な情報をまとめた会社四季報も無料で見ることが出来ます。

わかりやすい「純金積立」!金(ゴールド)、プラチナ、銀(シルバー)が選べます

楽天証券には投資資産としての金(ゴールド)・プラチナ取引部門があります。扱っているのは金(ゴールド)、プラチナ、銀(シルバー)など多彩。しかも毎月最低1,000円から1,000円刻みで自由に積み立てられるので、純金積み立て初心者でも始めやすいと評判です。

毎月一定の重さで積み立てる!「定量積立」サービスが人気

その中でも人気の商品に『定量積立』というサービスがあります。通常、純金積立は金額をベースにして相場によって毎月の購入量を変動しつつ積み立てますが、定量積立では重さを基準に積立を行うため、毎月の支払額は変動するものの目標の量に達するまでの期間がわかり易くなります。

楽天グル―プとの連携も豊富! 楽天ポイントの還元もあります

楽天証券は楽天グル―プの1つなので、他の楽天サービスとの連携も特徴的です。たとえば楽天銀行に口座を持っていて『マネーブリッジ』に登録していれば楽天銀行の普通口座の金利が優遇されます。また通常は金利が0.02%ですが、こちらも5倍の0.10%になります。また、口座開設キャンペーンや日々の手数料において楽天市場のポイントがたまります。

他の楽天サービスとの連携で楽天証券をさらにお得に使えます

 楽天証券では株主優待から購入する株を探す際も、多くの条件から検索することが出来ます。楽天証券を利用する際は楽天グループの連携が多くかかわってきますので、楽天市場や楽天銀行などのサービスも併せて使うといいようです。

手数料

約定単位1注文の約定金額に対しての手数料(税抜)
約定金額 10万円 20万円 50万円 100万円 300万円
手数料 139円 185円 341円 609円 1152円
1日定額1日の約定金額に対しての手数料(税抜)
約定金額 300万円 600万円 900万円 1200万円
手数料 3000円 6000円 9000円 12000円
固定コスト1日の約定金額に対しての手数料(税抜)
口座開設費 口座管理料(年額) オンラインサービス利用料(年額) 年間固定費
0 0 0 0

取扱い商品

日本株
東証 名証 マザーズ JASDAQ 単元未満 IPO 信用取引
-
上場投資信託
ETF REIT
投資信託
MRF MMF 外国MMF 国内株式 海外株式
-
外国株式
香港株 中国株 米国株
-
その他
日経225先物 オプション カバードワラント CB 夜間取引
外為
FX
「初めての株式投資」投資初心者のための簡単入門講座
【厳選】おすすめ証券会社

TOP