株式投資ポータルサイト【カブポタ】

株式投資を始めるにはある程度資金が必要

株式投資を始めるには初期費用は必要?準備するものはある?

投資資金

株式投資に初期費用は必要ないが、資金は必要

株式投資を始める際に、何かを購入したりする必要はありませんので、初期費用はかかりません。

しかし、投資の元手となる資金は用意する必要があります。
株式投資は株券を購入し、それを売買することで利益を得るため、株券を購入するために初期費用が必ず必要となってくるのです。

最低資金は5万円程度~

初心者の方にとって、株式投資はたくさんの資金が必要というイメージがあるのではないでしょうか。

多いと思うか少ないと思うかは人によって違うかもしれませんが、最低でも、5万円~10万円の資金が必要となります。

1株当たり100円からのものも多くある

株価には「相場」というものはなく、購入できる単価も企業によって違います。1株当たりの金額は100円~5,000円程度のものが主流です。

1株単位ではなく、10株・100株単位での購入になる

株を1株ずつ購入することはできず、10株や100株単位での購入となるため、どうしてもある程度の費用が必要となってくるのです。

しかし、ここまでお話したことは「単元株」の場合の話で、もっと安い資金で済む、「単元未満株」があります。

低資金で始めるなら「単元未満株」

「単元未満株」には、「ミニ株」「ワン株」「プチ株」「S株」と呼ばれるものがあり、購入単位を下げ、通常より安く株を購入する方法です。

単元株が100株で購入できるとすれば、「ミニ株」は単元株の10分の1での購入が可能です。さらに、「ミニ株」「ワン株」「プチ株」は、1株から購入することが可能なのです。

「どうしてもほしい銘柄があるが、資金が足りない」という方にはオススメの方法です。

証券会社の口座を開こう

資金の次に必要となるのが、証券会社への登録です。株式投資は個人的に株券を購入することも可能ですが、一般的には証券会社に仲介してもらい株券を購入することとなっています。

証券会社を通した方が、効率よく株券の購入を行うことができ、様々なオプションやサービスを受けることができるのも理由です。

今の時代、証券会社の口座を開設さえすれば、インターネットを介し、ネットで株式取引ができます。パソコンとインターネット接続環境、銀行口座、資金さえあれば、株取引を始めることが可能なのです。

このように、誰でも簡単に取引できるということは、リスクを負うことも頭に入れておかなければいけません。

注意点として、投資について勉強するのはもちろんのこと、一通りの用語、そして一番重要なのがリスクについて理解することです。いくらなら損をしても大丈夫かどうか、一回の取引での利益確定や損切りのタイミングを自分なりのルールとして作っておく必要があります。

自分に合った証券会社を選ぼう

自分の投資目的、売買スタイルによって、自分に合った証券会社を選ぶことも重要です。会社の安全性、システムの堅牢性、システムに問題のあった場合のバックアップシステムの提供があるかどうかも考えておきましょう。

自分は投資資金が少ないが、より多い方が有利なのではないか、と不安になる方もいると思います。もちろん、より購入できる銘柄数が増えていくので、有利と言えます。

ですが、初心者の方は、最初から全力で株式投資をする必要はなく、無理をしてまで投資資金を用意することはありません。

株式投資は余裕のある資金で行うことが基本で、一番大切なのは経験を積むことです。いきなり大きな資金を運用し、損失を出してしまうことだけは避けましょう。

経験を積むたびに、運用資金も大きくしていくことが望ましいでしょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています

【株の基礎知識】に関する記事