株式投資ポータルサイト【カブポタ】

株式投資は未成年でもできる!

株式投資は未成年でも出来る!高校生も多く参加しています

高校生

株式投資は未成年でもできる!

「株式投資は大人がするもの」と思っている方も多いのではないのでしょうか?

そんなことはありません。

未成年でも可能です。

むしろ現在では、株式投資をする未成年者が増えてきていると言われています。

ではどうすれば始められるのか?ここではそれを説明していきたいと思います。

未成年者が株式投資をするまでの流れ

まず、未成年者が株式投資をするにあたって、用意しなければいけないものがあります。

未成年者が用意する必要がある書類

  • 親の同意書
  • 親権者との続柄の確認書類

同意書というのは、「未成年者の方が青年になるまで代理取引をすることに同意するかどうか」という内容です。
続柄の確認書類には住民票や戸籍妙本、健康保険証や母子手帳などが該当します。

書類が準備できたら、口座開設

さて、親の同意書と続柄の確認書類を用意できたとします。

次に必要なものはなんでしょうか?

次に必要なのは口座開設です

例え同意等を得られたとしても、口座がなければ始まりません。

ここで注意が必要なことが1つあります。

すべての証券会社が未成年者に対しても口座を開設するわけではない、ということです。

未成年者にも開設する証券会社の多くが、両親に同証券会社の口座を先に開設させ、なおかつ同意するという条件が付きます。条件はそれぞれによって異なります。

少しややこしくなってきたので1度整理します。

未成年者が株式投資をするにあたって必要なものは、「親の同意書」と「親権者との続柄の確認書類」、それから「口座」の3つです。

それぞれ手に入れる際には、さまざまな条件があることを忘れないでください。

では上記の3つ全てを用意しました。

いよいよ投資です!

ですがちょっと待ってください。

株式投資って高額なお金が必要なんじゃないの!?

と疑問に思いませんか?

実はそんなことはありません。

10万円以内で購入できる株式は全体の約3割ある

詳しく説明しますと、2015年1月7日現在。上場企業の中で、10万円以内で購入できる株式が「1,419銘柄」、5万円以内で購入できる株式が「685銘柄」、3万円以内で購入できる株式は「400銘柄」、1万円以内で購入できる株「101銘柄」もあります。

どうでしょう?どんどん現実味を帯びた数字になっていきませんか?安くはありませんが手が出ない金額ではありませんよね。

では、実際に株式投資をしてみましょう。

ここで注意することの2つ目です。

稼ぎすぎると、税金がかかってくる

未成年者に限った話では無いですが、ご家族の扶養に入っている人が株で利益を出すと、場合によって扶養から外れてしまうことがあります。

対策として証券会社の口座を「特定口座(源泉徴収有り)」にする方法があります。

これは源泉分離課税という制度を利用する口座です。

高校生所得があった時点で、税金分を自動的に天引きしてしまうシステムで、源泉徴収された時点で課税は終了しているため、いくら利益が残ろうとそれ以降の税金面での負担が発生しないという仕組みになっています。

利益が少なくても絶対税金分が天引きされてしまうデメリットが存在しますが、未成年の人が株を始める場合、特定口座(源泉徴収有り)で始めるのが安全だと考えます。

若いうちから株式投資を通じて世界の動きに着目し興味を持つことは素晴らしいことです。よい機会として未成年者の方でも積極的に株式投資してみましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています

【株の基礎知識】に関する記事