株式投資ポータルサイト【カブポタ】

リスクコントロールして、株式投資しましょう

株式投資の本質はギャンブル?リスクと向き合うマインドが必要

カジノ

株はギャンブルと一緒なの?

株に対して、ギャンブルの一種というイメージがいまだに根強くあります。たしかに、投資とギャンブルはその本質に大きな違いはありません。

ギャンブルは、金銭を賭けて偶然性の要素が含まれる勝負を行い、その結果によって賭けた物のやりとりを行なう行為です。

確かにそう考えると、投資も立派なギャンブルと言えるでしょう。

投資家は、まさしくお金を賭けて、偶然性の勝負が含まれる勝負を行っているからです。

株は、買う(売る)タイミング次第で、お金を儲けたり損したりすることがあります。

何も考えない投資は”ギャンブル”と同じ

何も知らずに買った株が、タイミングよく大きな利益を出すと、お金を儲けたことで株にはまり、よく知らない会社の株を買って損をしてしまうというのがよくあるパターンですが、それは完全にギャンブルです。株式投資は、しっかりとリスク管理をし、堅実に利益をあげることが大事なのです。

株は値上がりすれば利益を得られますが、値下がりした場合減ってしまうので、銀行預金に比べるとリスクが高いことは事実です。

リスクとリターン両方あるのが株

しかし、今の金利ではお金を預けても増えることはありません。多少のリスクを背負う覚悟がなければお金を上手く運用し、増やすことはできません。

そうはいっても、株で全財産を失うことは投資した会社が倒産でもしない限りありません。万が一倒産するようなことになっても、その前に株を売ることもできます。株を買った後に、自分が持っている株の会社の株価にしっかり注意を払うことが必要です。

株はリスクをコントロールできる

株は市場や会社によって、値動きの激しいハイリスク・ハイリターンな株や、値動きの激しくないローリスク・ローリターンな株があります。

また、一つの株だけではなく、いくつもの株に資金を分散して投資をすることで、リスクを抑えることも可能です。投資した数が多いほど、すべての会社が倒産する確率は低くなるからです。

株は何よりも、自分の許容範囲内のリスクで取引をすることが大事です。自分の許容範囲を超えたリスクをとると、冷静な行動がとれなくなり、勝率を上げることはできません。

自分の投資レベルやリスク許容度に合わせ、株価やニュースのチェックを怠らなければ、投資の成績も上がっていきます。たとえ損をしても、致命的な損失にはならないでしょう。

余裕をもってできる範囲で投資は行いましょう

自分のリスク許容範囲がわからない方は、「これくらいなら損をしても諦められる」という金額を目安にしましょう。資金が小さければ大儲けはできませんが、心の余裕を持った投資経験は後々の大儲けにつながり、投資力の土台となります。

株式投資は期待リターンという視点で見れば、パチンコや競馬よりも、はるかに有利なギャンブルです。しかし、リスクと向き合う力もつけず、勘だけで株を始めてしまうと損をしてしまい、パチンコや競馬と変わらなくなってしまいます。

しっかり勉強し、成長の見込める会社に投資をすれば、儲けることができるだけでなく、知識も広がり、他の賭け事とはまた違った楽しみ方ができるでしょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています

【株の基礎知識】に関する記事