株式投資ポータルサイト【カブポタ】

日本株全体の動きが分かる日経平均とTOPIXをチェック

日経平均株価とTOPIX とは?

日経平均株価
みなさんも、ニュースなどでこの言葉を一度は耳にしたこともあるかと思います。

日経平均株価とTOPIX(トピックス)

ううん、何やら難しそうな言葉が出てきましたが・・・実は簡単なのです!

要は、「相場全体の流れを読み取る指標」で、数字が上がれば相場の調子がいい!数字が下がれば相場の調子が悪い!ただそれだけなのです。むずかしく考える必要はありません。では、それをふまえた上で詳しく解説していきましょう。

日経平均株価とは
「東証1部上場の銘柄から選んだ225銘柄の平均株価」のことです。

東証1部に上場する企業のうち、225銘柄を対象としており、別名「日経225」と呼ばれます。英語表記は、「Nikkei225」と書かれます。

TOPIXとは、「Tokyo Stock Price Index」の略で「東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って出した数字」です。

時価総額というのは、会社を丸ごと買ったときの値段を表し、計算式は「株価×発行済み株式数」となります。株価が上がると必然的に時価総額も上がります。

別名「東証株価指数」と言い、たまにニュースではこちらの呼び方を使っていることもあります。

個人投資家、機関投資家にとって、これらの指標は全体の株価動向を把握する上で欠かせない指標で、証券会社のホームページなどのトップページで推移を確認することができます。

日経平均株価が~円下げた。理由は~だからだ。

と、その日の株式市場を分析している記事を見たことある方も多いかと思います。また、これら指標と連動している投資信託も数多くあり、株式市場に与える影響は絶大です。

日経平均株価の算出方法は単純な株価の平均

例えば、

A株が5000円、B株が10000円、C株が15000円の場合
(5000+10000+15000)÷3=10000円

この例では、平均株価は10000円となります。

つまり、東証に上場する225銘柄が対象なので、その平均が日経平均株価となるのです。

このような算出方法のため、ファーストリテイリング、ファナックといった株価の単価が高い銘柄の値動きに左右されやすくなってしまいます。

時価総額の大きさは日経平均株価に関係ない

時価総額の大きい、トヨタ自動車や三菱UFJグループなどの指数への寄与率が低く問題視されています。

このような欠点を補った指数がTOPIXです。

TOPIXは時価総額も含めた数値

TOPIXは、1968年1月4日の時価総額合計を基準としており、それを100と置き、そこからの時価総額の変化を指数化しています。

時価総額は、毎日の終値をベースに計算され、新規上場や廃止、増資、減資などがあれば、適宜修正して算出されます。

また、この指数は浮動株基準株価指数となっており、各銘柄の浮動株のみを算出対象としている点で、インデックス運用がさかんになっている現代に適応した指数になっていると言われています。

ただし、TOPIXにも欠点があり、時価総額の大きい銘柄の値動きに左右されてしまうということです。

一部の超大企業の値動きでTOPIXが動いてしまい、他の企業の値動きに連動しない可能性があります。

極端な例では、トヨタ自動車や三菱UFJ、NTT等の時価総額の大きい銘柄TOP50で東証1部の時価総額合計の半分を占めるので、これらが値を下げれば、他の全ての銘柄が値上がりしてもTOPIXは下がる可能性があります。

例えば、50社だけの値下がりで、他の約1700社が値上がりしても、TOPIXは下がるという結果になるのです。
東証1部上場企業と言えば、TOP50に入らなくても日本屈指の大企業が名を連ねており、そういった企業の動向を無視するのは市場動向を見誤る恐れが高くなります。

要するに、日経平均の欠点はTOPIXで補えますが、TOPIXにも欠点があり、日経平均とTOPIXの2つを見ることで、市場動向を把握するのが効果的なのです。

2つの結果が大きく違う時は、注意深く分析する必要があります。時価総額の大きい会社が大きく値崩れした等の要因が見えてくれば、全体の流れをしっかりと掴むことができるのです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も見ています

【株の売買】に関する記事